ドライブするべ

BACK


B-カスタマイズ
グリル装着&アレンジ




更なる変化を求めてグリルを装着することにしました。

フィットのグリルで全国的に装着率が高いのが無限とモデューロのタイプZZでしょう。純正みたいなものですし。しかし、なぜかモデューロのタイプYYグリルは全国的に非常に装着率が低いです。

そこで、あまり装着している人がいないこのグリルを選択。ちなみにヤフオクでかなり安く譲っていただきました。


とりあえず純正グリルに付けていた自作エンブレムを移植。ホンダマークは同じ大きさだったので全く問題無し。

ちなみに純正を加工した時と同じく、裏のワッシャーを外している時に一本ピンを折ってしまいました。ま、両面テープで付けるので位置決めの為にピンは一本残っていればOKです。


装着は純正とほとんど同じ。ただ、両面テープも使います。画像で赤く見えるのが両面テープのミミ。

グリルを装着した後にこのミミを引っ張ります。説明書が無いんですが、多分これで間違い無いかと(w)。


仮装着したところです。このグリルが不人気な理由は上部が黒いからでしょうね。フィットの短いボンネットが尚更短く見えます。

だから黒やビビッドブルーなどの濃いボディカラーだとこのままでも充分かっこいいんです。しかしシルバーにはやっぱりって感じの印象に。

そこでグリル上部をシルバーにしてみることに。というか、購入前からそうしようと決めていたんですけどね(w)。

ま、このままでもそれほど悪くは無いんですが、簡単にもっとカッコ良くなるならその方が良いし。


で、最終的な画像がコレ。

画像で見るとバッチリですね。ボンネットも短く見えないし、少し引き締まった感じになりました。

ただ気になるのは、加工したエンビ板を貼りつけた分、後方から見ると少し浮いているし、材質のせいかちょっとばかり歪んでます。

ま、正面からみたらなかなかイケてるので、しばらくはこれで行こうかと思います。

冬が過ぎて塗装が剥げたりしたら、今度はグリルに直接塗装します。



本当はそのまま塗ろうかと思いましたが、後で気が変わって元に戻せるように被せることにしました。材料は発砲エンビ板。去年グリルを自作しようと思ってた作りかけがあったのでそれをそのまま加工して貼りつけました。


一応どういったデザインで塗ろうかは画像ソフトで色々とシミュレーションしました。左の画像はそのうちの一つ。

実際上の画像とどっちが良いか迷いましたが、コレも捨てがたかったです。次回に塗る時はこんな感じにしようかなぁ。

メッシュ部分を黒いメッキ調にしても良い感じになりそう。


ほとんど見かけないモデューロタイプYYグリルなので、他のとは結構違った印象になりました。メーカーも最初からこんな感じにすればもっと売れると思うんですけどね、というのは私の思いあがり?(笑)。

ヤフオクで格安に譲ってくれた方にも感謝。

(2003/06/16)


BACK