ドライブするべ

BACK



初ホンダ




最近ようやく気になる車に巡り会った。ホンダのフィットである。今までの私なら絶対購入候補に上がらない車である。

フィットのようなリッターカーに興味を持ち出したのはやはりトヨタビッツの影響が大きい。昔のカローラ2兄弟やスターレットのようなチープさがあまり感じられない。

最近は小さい車の方が便利で維持費も少なくていいなぁと思う。クレスタの時は何をするにも高かった。大きい車に乗るのは金がかかるのである。

軽に乗れば一番維持費を安く押さえられるのかもしれないが、最近の軽は値段が結構する。燃費もそこそこだがその分パワーもそこそこ。ターボなどでパワー重視にすると軽とは思えない燃費になるし。最近は軽並みの価格で新車のリッターカーが買えるので、わざわざ助手席の人とヒジのぶつかる軽を選ぶこともないだろう。

軽並みの新車価格のリッターカーと言えば、トヨタのヴィッツ、日産のマーチ、ホンダのフィット、マツダのデミオなどがある。ファンカーゴやBb、ランクス、アレックスなどは軽並みとはいかない。ちなみに三菱の車は一生買わない。スバルは営業マンの教育がなってない。デミオは悪くないが古い。スズキ、ダイハツは良く知らない(笑)。

私は2BOXのハッチバックスタイルがあまり好きじゃない。ヴィッツやマーチはその典型的な形をしている。そんな中フィットは小さなミニバン的スタイルをしている。非常にポイントが高い。若い頃は「一生スポーティな車しか乗らない」と思っていたが歳を取るとやっぱり人間、変わっていくのである。最近はワゴンやミニバンに魅力を感じてしまう。

で、フィットいいな、と思ったけど、私は実は少しトヨタ党の気がある。今までトヨタの車ばかり乗ってきた影響もあるが、やはりトヨタの車は他社の車よりも走りや内装などの完成度が高い(と思ってる)。私のホンダのイメージは「エンジンサイコー」「ボディが柔らかい」「内装がチープ」ということ。ま、10年前くらいのイメージであるが。

でも最近は衝突安全基準とかがあるのでボディに関しては気にならなくなりました。内装は安い車なら多少チープでも我慢できます。フィットのエンジンはVTECではないものの新開発された1300ccの86馬力で、ミッションにCVT。ホンダのエンジンには定評があるのでCVTとの組み合わせで排気量を越えたフィーリングが期待できるかもしれません。

こうやって考えていくとフィットがどんどん魅力的に思えてきます。



BACK