ドライブするべ

BACK



下調べ1




フィットにしようか、と思い1週間ほどネットで調べまくりました。

やはりどこでもフィットと比較される車として良く上げられるのはトヨタヴィッツ、日産マーチ。新型マーチのあのスタイルはちとハズカシイです。良い車だとは思いますがね。ヴィッツの5ドアも一応考えてみたのですがやはりハッチバックスタイルが気に食わないし、実は私、センターメーターが大嫌いなのである(笑)。

この際センターメーターについて言わせてもらう。視点の移動が少なくて見易いなどと言われているが、それならメーターの位置はダッシュボードの真ん中とドライバーの中間くらいに位置するのがベストだと思う。が、ほとんどの車はダッシュボードの中央に位置する。エスティマなんかは結構良い線いってるけどね。

なので、フィットが従来通りのメーター位置なのは非常に好ましい。しかもこのクラスにしては珍しくタコメーターまで装備。代わりに?水温計がないのだが警告ランプは付く。あとこの車のキャラクターにふさわしい燃費計が装備される。この車を買ってエコラン(エコ・ランニング?)を目指す自分にとってサイコーのアイテムとなるであろう(笑)。

燃費はいいらしい。カタログ値で23km/Lくらいだから実燃費で16くらい?私は最近スピードを出さない。昔、峠を攻めていた人間とは思えないほど安全運転。レーダーを詰んでいない事からそれが証明できる(笑)。クレスタはエコランしても街中ではリッター8キロで泣ける。ま、高速走行ではスピード感を感じないほど安定しているのだが。フィットで早くエコランしたい。そう、時代はエコだ(爆)。

スタイルを見てみる。ヴィッツやマーチより全長が長いのでハッチバックと言うよりやっぱりミニバンっぽい。オデッセイやストリームを小さくしたというより、なんとなくマツダMPVの縮小版みないなスタイル。そうそう、私はMPVのスタイルが大好きである。フィットのみが写った写真だけ見るとあまり小さく感じないのも良い。

フィットのグレードは単純でW・A・Yの3タイプにそれぞれFFと4WDが選べる。Yは他の二つに比べて装備が貧弱なので却下(パワーウインドウすら付いてない)。4WDは約18万円高で更に車重が1トンを越えてしまう。これは結構重要で1トンを境に税金が変わる。FFにサンルーフを付けても1トンを越えてしまう。やはりエコにこだわるからには出費にもこだわりたい(笑)。



BACK