- CYBER ZONE -
コラムるべ !!
「書き殴り」や「想い出のバックアップ」のコーナー

BACK

ピグモン

ピグモンって言うのはウルトラマンに出てくる怪獣です。小さくてカワイイのですが、それに似た顔の女となれば別の話。ピグモン顔のその女は私が勤めていた大型スーパーマーケットのテナントで入っていた有名お菓子屋の店員。

ある日仕事が終わって駐車場に向かい、車に乗ってエンジンを暖めていた時、運転席のドアが開いた。そこにはピグモン顔の女がいて「家まで送って」と微笑んでいる寒い光景があった。なんだこのブスは!一応家の場所を尋ねるとメチャ遠い。私は優しいのでブスはイヤだとは言わず、遠いからイヤだと断っても一向に車から離れない。後輩が遠くで「あ〜あ」って顔でこっち見てる。助けろバカ!

あまりにもしつこいので運転席のドアを閉めようとするが間に入って離れない。もうこうなったら強行手段だ。私はドアを開けたまま車を走らせた。が、その女はしがみついて離れない!

10メートルくらい走ったぞ、なんて女だよ、まったく。

ケガされても困るのでシブシブ送ることに。道順を聞きながら走ってると「アレ?」と思った。この道は夜景が綺麗で有名なデートスポットへ続く道。騙されたかと思ってもこの道って引き返せないぞ。夜景の見えるところがちょうど折り返し地点なのだが、Uターンの為そこで車が止まった瞬間にピグモンが俺にキスをしてきた…。うげー!

「降ろすぞテメー!」と言ったら少しビビったのか「ごめーん、もうしないから送って」だって。怒りの余り私は無言になり早く降ろしたい一心でその女の言う道を走った。ん?今度は河川敷に出たぞ、こんにゃろ〜(爆。

「テメー、ここで降りろっ!」、そう言うと「私を好きにしていいから許して」とほざいた。試しに胸を触ってみるが相手がピグモンではこっちはつまんないので即ヤメ。すると「私って魅力な〜い?」とブリッコ(死語)したので「ない!降りろ!」と私が言ったら「家すぐ近くだからお願い」だと。

すぐ近くだと聞いたのでそこで降ろしました(笑。後日ピグモンが手紙を書いてきた。そこには「カーセックス楽しかったね」と書いてあった…。あほか。

(2000/06/27)

BACK

cyber zone : Produce by Yuuki