PC.com【ぱそ魂】

BACK

久しぶりの自作、3号機誕生!



2003年12月、これまで使ってきた2号機は1999年7月にセレ300Aで自作したPCだ。

まずこの4年間の2号機の変貌をまとめてみます。

1、回線がアナログ56k、ISDN、ADSLへ
2、SCSIボードとCD-Rドライブ追加
3、プリンターの変更
4、光学式マウスへ変更
5、LAN構築
6、クロックアップをやめて定格作動
7、ハードディスクの追加
8、メモリーを追加

当時から最速って程でもないスペックで今の今まで使ってきました。CPUを変更せずこれまで使い続けられたのは、まとまっていたから、だと思います。ま、お金が無かったり、フィットに夢中になってたりしてたのもありますが…。

で、ここにきて何故また自作したくなったのか?それは友人宅のギガヘルツマシンを見て羨ましくなったからです(笑)。趣味の合う友人には多大な影響をうけてしまうんですよね〜。

てなわけで、3号機プロジェクトの開始です。



物欲魂に火がついたものの、最近はパーツの情報などはあまり目にしていませんでした。なので、あのパーツを買おう!とかって考えようとしても何も思いつかないんです。仕事も忙しくて詳しく調べている時間もあまりないし。

とりあえず考えたのが、CPUをペンティアム4かアスロンXPか、はたまたセレロンか、って事。今までAMDはトラブりそうで避けてきたけど、3号機ともなると少々の事があっても何とかなりそうな気が(笑)。

ま、わからないなりに今回のテーマを決めてみました。それは「パーツひとつを1万円以内に抑える」こと。ま、多少の誤差は認める柔軟さを持ちながらと言うことで。

まず決めたのは1万円以内のCPU。この時点でPEN4は却下でアスロンXPかセレロンになります。この二つが似たようなクロック数だと断然アスロンXPが有利。とりあえずここまで決めてショップへ行くことに。大丈夫かな(笑)。



2003/12月初旬

東京にいた時と違って旭川ではパーツを購入できる店が限られます。この日行ったのは東京に本店のある某ショップ。品揃えはかなわないものの北海道にいながら秋葉原に近い価格で買えるのが魅力です。

お目当てのアスロンXP、1万円以内だとこの日は2400+のリテールがありました。2500+のリテールだと1万円を若干超えるしこの日は在庫が無かった。在庫があったとして2500+のバルクが1万円弱くらいだったが、ファンが別売りになってしまい予算をオーバーしてしまう。

CPUは AMD Athlon XP 2400+ (\9680)に決定です。


石が決まったら次はマザーボード。1万円以内は難しいかと思ったが、アスロンのマザーって安いのが多い。とりあえずメジャーなメーカーをということでギガバイトを選択。

マザーボードは GIGABYTE GA-7VT600 (\8680)に決定。


今使ってるPC100のメモリは使いまわせないので新たに購入。WindousXPを導入予定なので512MBくらい欲しい。

メモリはバルグのDDR-SDRAM512MB、PC2700(CL2.5)に決定。


で、次はグラフィックボード。一万円以内で最新のボードを探してみるとnVIDIAのGeForce5200系とATIのREDEION9200系かな。とりあえず箱が豪華だったMSIのFX5200FXにしてみた。

VGAはMSIのFX5200FX-T128(\8680)に決定。


ハードディスクは一万円以内だと120GBあたりが買える。あとは適当に選んだ(笑)

HDはSeagate Barrcuda7200.7 120GB(ATAPI)(\9980)に決定。


あとはWINDOWS XPを買って家路に着き、組み立て完了。